地下通信 [chika-tsûshin]

tikatusin.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 15日

預言者と現人神

c0062756_237299.jpg イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画問題。騒動は拡散する一方の様相だが、日本メディアはイスラム教徒に広がる怒りを「まったく理解できない」かのようにトボけた姿勢で伝えるか、せいぜいが「言論の自由」と「抑圧されたイスラムの怒り」を対称に配置し、「難しい問題だ」などと高見に立った“分析”を加えてみせる程度だ。だが、ムハンマドほどではないにせよ、我がニッポン国に同じようなテーマがあることは知らぬふりで頬被りしたままだ。

 そう、天皇制である。天皇制という極めて「局地的な信仰対象」であるためイスラム教の預言者ほどの世界的広がりや世界的話題をふりまかないが(苦笑)、果たして今のニッポン国で天皇、あるいは皇室関係者の「風刺画」が許容されるか。大手メディアが今上天皇や皇太子夫妻、あるいは秋篠宮夫妻らの「風刺画」を掲載したら、「表現の自由」の範囲内として果たして許容されるのかー。
 言うまでもなく決して許容されないだろう。かつての嶋中事件はもちろん、休刊した『噂の真相』は昭和天皇のポルノ合成イラストで右翼の猛攻撃を受けたし、類似の表現行為に対する攻撃や圧力は枚挙にいとまがない。天皇制の風刺は暴力の報復が確実であり、昭和天皇死去の際は「癌だ」と単なる事実を報じたに過ぎぬ外国メディアにまで宮内庁が厳重抗議している。一方、最近で言えば紀子妃の懐妊などをめぐる報道は、相も変わらず歯の浮くようなオベンチャラのオンパレードに過ぎぬではないか。

 個人的には、あらゆる問題において「言論・表現の自由」を尊重する立場を取る。しかし、足下に転がる類似の最大タブーには知らぬふりを決め込み、遠く中東や欧州を睨んで「表現の自由」などをもっともらしく語るのは滑稽でしかない。
[PR]

by tikatusin | 2006-02-15 23:11 | メディア
2006年 02月 12日

主筆の咆哮

 部数世界一を自称する「読売新聞」を主筆として牛耳るナベツネこと渡邉恒雄氏がニューヨークタイムズのインタビューに応じ、吠えまくったようだ。ターゲットとなったのは我らがブッシュの忠犬・コイズミ。その舌鋒は苦笑するほど痛快だ。曰くー
「小泉は歴史や哲学を知らない。勉強しない。文化を持っていない。だから愚かなことを言う」
「『靖国参拝を批判するのは中韓だけだ』といった発言は無知から生じるんだ」

 ナベツネは先に『朝日』の発行する売れない論壇誌『論座』で「宿敵・朝日」の論説主幹・若宮啓文と対談してコイズミの靖国参拝を批判、話題を集めてもいる。
 意地悪く見れば、長らく中曽根とつるんで「政界フィクサー」として動き回ったナベツネの影響力がどうやらコイズミには通じない苛立ち・・・などと取れなくもないが(笑)、一連の発言はさすがのナベツネですら日本政界の軸のズレに不安を感じてきた、ヤバいと思い始めたーと受け止めるべきなのだろう。別にナベツネが左や真ん中にズレたわけでもなく、ナベツネですら不安を感じるほど急速度で政治が右にズレているのだ。
[PR]

by tikatusin | 2006-02-12 12:38 | メディア
2006年 02月 05日

ロボラット

c0062756_2325692.jpg 「ロボラット」と言っても何のこっちゃという感じかもしれないが、要はネズミの脳に電極を埋め込み、思うがままに遠隔操作できるようにした「ロボトミー・ラット」のことだという。電極を通じて右に曲がるようネズミの脳に刺激を与えると右に曲がり、左へ曲がるように刺激すれば左に曲がる。命令通りに動いたらネズミの快楽中枢を刺激し、快楽を感じさせるーーという仕組みなのだとか。
 何とも気味の悪い話だが、これを研究しているのがDARPA=国防高等研究計画庁だと聞くと気味の悪さが一気に倍増する。DARPAとは米国防総省の研究・開発部門であり、インターネットの原型を開発したことでも知られる組織。となれば「ロボラット」の用途も薄々想像できよう。
 「ロボラット」研究について紹介していたのは“ニッポン国営”・NHKテレビの「NHKスペシャル・立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える」だった。仕事の片手間に見たため番組全体のトーンは把握できなかったのだが、インタビューで登場した「ロボラット」研究を進める学者の発言を耳にして薄ら寒い気分になった。曰く「ロボラットを使えば戦場での被害を抑えられる」。
 つまり「ロボラット」にカメラを埋め込み、戦場に放って思うがままに遠隔操作すれば被害を出さずに偵察活動ができ、さらにネズミ以外でもサルなどへの応用が検討されているのだという。
 米軍がロボット兵などあらゆる「最新鋭軍事技術」の開発に血眼となっているのは既に良く知られた話だが、もちろんいずれもDARPAが深く関与し、マッドとしかいいようがない研究に巨額の資金が注ぎ込まれている。
 このままいくと、米国によって仕掛けられる戦争はいつの日か、戦場をネズミとロボットが走り回るという気味の悪い風景が広がることになるのかもしれない。常に世界中で戦争を求め続けてきた米国は自国兵の“被害”を最小限に抑えられると宣伝するだろうが、言うまでもなく「殺される側」は人間である。
[PR]

by tikatusin | 2006-02-05 02:24 | 罵詈讒謗
2006年 02月 05日

声援を送りつつ

 杞憂だったのだろうか。北海道新聞・高田昌幸氏のブログが更新された。
 と、これ以上憶測するのはとりあえず控えよう。「物事は一直線に進まない」「楽天的に、明るく、たんたんと過ごしています」という高田氏に声援を送りつつ。
[PR]

by tikatusin | 2006-02-05 02:19 | メディア