地下通信 [chika-tsûshin]

tikatusin.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:罵詈讒謗( 29 )


2006年 03月 16日

トンデモ科学

c0062756_12411318.jpg 昨年末に創刊された『クーリエ・ジャポン』(講談社)がなかなか面白い。「海外1000メディアから発信されるニュースを厳選!」というキャッチコピーから分かる通り、世界中のメディアの記事をクリッピングして寄せ集めた、いわば「パクリ雑誌」(笑)なのだが、なかなか興味深い記事がクリッピングされていて読ませる。
 外国暮らししているため最新号は手元にないが、前号(3月16日号)を開くと、イッセー尾形が昭和天皇に扮したロシア映画『太陽』を紹介した英紙『インディペンデント』記事などが目を引く。日本のメディアじゃぁほとんど報じられないからなぁ、『太陽』。まだ日本での公開予定もたたないまま。そのくせムハンマドの風刺画問題で「言論の自由と宗教」なんて偉そうに語ってんだから日本メディアの厚顔ぶりは・・・。
 このほか同号記事で興味が引かれたのは、ブッシュ政権がNASA(米航空宇宙局)の科学者を愚弄している、という米ワシントンポスト紙の社説。要旨をかいつまむとー
 24歳という若さのNASAスポークスマン、ジョージ・C・ドイッチュが辞表を提出した。このドイッチュ、気候変化などに関する科学者の見解がホワイトハウスの意向と異なる場合、科学者の発言を厳しく制限。「自分の仕事は大統領を擁護することだから」とホザイていたのだとか。で、「ビックバン」の後には「学説」をつけろと強硬に指示。ブッシュが支持し、統一教会が大好きな例のトンデモ理論「インテリジェントデザイン(ID)」説をNASAとしても「排除すべきでない」という理屈からだとか。トホホ。
 NASA以外でもこうした事例は散見され、避妊薬の販売認可を遅らせるよう科学データを歪曲したりといったことなどが横行しているという。社説は「どんな政権であれ、大統領を擁護するため報道を規制しようとするスポークスマンや広報担当者は存在するだろう。だが、ブッシュ政権は自分たちの目的に見合うように科学的データをねじ曲げ、科学者の口を封じている」と断じているとか。これじゃ史実をねじ曲げてバカバカしい「英雄伝説」をつくりあげたどっかの独裁政権のメンタリティと変わらんよ、まったく。
[PR]

by tikatusin | 2006-03-16 12:42 | 罵詈讒謗
2006年 02月 05日

ロボラット

c0062756_2325692.jpg 「ロボラット」と言っても何のこっちゃという感じかもしれないが、要はネズミの脳に電極を埋め込み、思うがままに遠隔操作できるようにした「ロボトミー・ラット」のことだという。電極を通じて右に曲がるようネズミの脳に刺激を与えると右に曲がり、左へ曲がるように刺激すれば左に曲がる。命令通りに動いたらネズミの快楽中枢を刺激し、快楽を感じさせるーーという仕組みなのだとか。
 何とも気味の悪い話だが、これを研究しているのがDARPA=国防高等研究計画庁だと聞くと気味の悪さが一気に倍増する。DARPAとは米国防総省の研究・開発部門であり、インターネットの原型を開発したことでも知られる組織。となれば「ロボラット」の用途も薄々想像できよう。
 「ロボラット」研究について紹介していたのは“ニッポン国営”・NHKテレビの「NHKスペシャル・立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える」だった。仕事の片手間に見たため番組全体のトーンは把握できなかったのだが、インタビューで登場した「ロボラット」研究を進める学者の発言を耳にして薄ら寒い気分になった。曰く「ロボラットを使えば戦場での被害を抑えられる」。
 つまり「ロボラット」にカメラを埋め込み、戦場に放って思うがままに遠隔操作すれば被害を出さずに偵察活動ができ、さらにネズミ以外でもサルなどへの応用が検討されているのだという。
 米軍がロボット兵などあらゆる「最新鋭軍事技術」の開発に血眼となっているのは既に良く知られた話だが、もちろんいずれもDARPAが深く関与し、マッドとしかいいようがない研究に巨額の資金が注ぎ込まれている。
 このままいくと、米国によって仕掛けられる戦争はいつの日か、戦場をネズミとロボットが走り回るという気味の悪い風景が広がることになるのかもしれない。常に世界中で戦争を求め続けてきた米国は自国兵の“被害”を最小限に抑えられると宣伝するだろうが、言うまでもなく「殺される側」は人間である。
[PR]

by tikatusin | 2006-02-05 02:24 | 罵詈讒謗
2005年 12月 28日

忠君の道(笑)

 人様のサイト紹介が続くが、「虚構の皇国」というサイトが面白い。
 先の大戦中に我がニッポン国で出版された雑誌、教科書、書籍などを主に紹介しているのだが、あまりのトンデモぶりに唖然、ボーゼン(笑)。まあ特攻ファシズムに毒された国の印刷物だからトンデモなのは想像の範囲内なのだけれど、あらためて眺めていると苦笑し、やがてうすら悲しくなる。
 「鬼畜米英」のワラ人形に竹槍を突き刺す子供たち、中学生の夏休みに「常時に於ける忠君の道は如何にすれば全うし得るか」という宿題を出す「夏期学習帳」、雑誌「少女倶楽部」では筆を持つ少女のイラストを表紙に掲げ、その少女が記している文字が「米英撃滅」・・・。こんなのは序の口で、サイト主の早川タダノリ氏が記す通り「香ばしい」トンデモ本のオンパレードだ。
 にしても、どっかで見たようなのが多いなぁと思ったら、朝鮮半島の北半分に君臨する独裁政権の標語や印刷物に極めて似てる。かの国のトンデモ独裁を嘲笑してばかりいる我がニッポン国だが、わずか60年前は、この地でも同じようなトンデモ独裁が大手を振っていたのだ。
[PR]

by tikatusin | 2005-12-28 15:44 | 罵詈讒謗
2005年 12月 22日

「狼」の復活

 無料ブログサービス・北国tvの強制更新停止という暴挙を受けた「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」がブログの置き場所を変えて「反米嫌日戦線『狼』」として生まれ変わった。何はともあれ目出たい。
 ブログ停止と置き場所変更に至った理由は当の「反米嫌日戦線『狼』」〜ケツの穴小さすぎに詳しいので参照を。にしても、「狼」とは過激(笑)。また楽しみに訪問させてもらおう。
[PR]

by tikatusin | 2005-12-22 11:02 | 罵詈讒謗
2005年 12月 21日

ヌルいピアノ弾き

 ヘヴィなネット回遊人種ではないのだが、定期的に訪れていたブログに「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」があった。多くのファンを持つ古参ブログであり、遠慮会釈ない(笑)文章と鋭敏な切り口は極めて興味深く、更新を楽しみにしていたのだが、「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」が置かれていた無料ブログサービスのチャンネル北国tvによって更新停止に追い込まれてしまったらしい。
 やはり愛読している「旗旗」などによると、同じく北国チャンネルtvにブログを置くピアノ弾き氏の記した愚にもつかぬ「日本、嫌い?」という駄文に噛み付いてトラバを送ったのが原因なのだとか。
 ピアノ弾き氏の文章と、それに噛み付いた「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」の批判文は双方のブログから既に抹消されているが、「阿修羅」に残っているものを読めばピアニスト氏のヌルさ極まる甘えたプチナショナリズムぶりには唖然とするし、まったく「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」の批判は真っ当。
 しかし、人気ブログとしてチャンネル北国tvのトップページにも掲載されるほどの「売れっ子」らしい(それが既に信じられないのだが)ためか、チャンネル北国tvは「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」の更新を強制停止するという暴挙に出たのだとか。
 事実とするなら、なんというケツの穴の小さい話か。いやそれより、マトモな神経で両ブログを比べれば、圧倒的にピアノ弾き氏などの駄文より「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」の方が面白く、よほど世のためにもなると思うのだが・・・。
 にしても、ブログに駄文をさらしている以上、批判されるのは当然。イヤだったらトラバやコメントなど削除すればいいだけの話。こんなことで「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」という優れたブログが読めなくなると思うと暗鬱で悲しい。
[PR]

by tikatusin | 2005-12-21 13:37 | 罵詈讒謗
2005年 10月 28日

属国への道

 【ワシントン27日共同】米政府は27日、神奈川県の米海軍横須賀基地を事実上の母港とする通常型空母のキティホークが2008年に退役し、後継艦に原子力空母を配備すると発表した。
 原子力空母の日本配備は初めて。シーファー駐日米大使が同日、町村信孝外相との会談で決定を通告、外相は受け入れを表明した。(ソース

 ーだそうである。ますます進む属国化。これぞまさに売国行為そのものだと思うのだが、コイズミ政権は日本をアメリカの属国とすべく驀進中だ。「横須賀」が我がコイズミの地元であるのはその象徴か。
[PR]

by tikatusin | 2005-10-28 13:41 | 罵詈讒謗
2005年 10月 24日

ブロガー同盟への賛同表明

 正直言って、あまり政治運動的なムーブメントに参加するのは性に合わぬ方だし、当ブログはどこまでも個人の備忘録のつもりなのだが、コイズミ政権と日本政治の有り様の気持ち悪さは限界値に近づきつつあるように思えてならない。
 というわけで、このブログに賛同する。
改革ファシズムを止めるブロガー同盟
c0062756_10323584.gif

[PR]

by tikatusin | 2005-10-24 10:32 | 罵詈讒謗
2005年 10月 17日

オレは絶対参拝するから

c0062756_16164666.jpg コイズミが靖国を参拝した。
 参拝強行を事前に知らされておらず、怒り心頭らしい公明党との与党連絡会議でコイズミは「平和を願う一国民として参拝した」などと言ったらしいが、首相官邸では自民党の中川秀直国対委員長に向かっては「マスコミが待ってて、そういうのは申し訳ないからな。おれは絶対参拝するんだから」と言い放ったのだとか。

 ブッシュの飼い犬であるコイズミは何の痛痒も感じぬのかもしれない。しかし、これで日本のアジア外交は滅茶苦茶になるだろう。中国、韓国は予想通りの大反発。中国は「小泉首相には日中関係を破壊した歴史的責任がある」と訴えて今月末の日中外相会談は中止に。韓国は年2回の実施で合意していた首脳間の「シャトル外交」の中断も辞さぬ構えだ。

 コイズミの愚にもつかぬ「信念」は巨大な害毒を垂れ流しているが、自民党の愚昧で厚顔な政治屋どもは涼しい顔だ。「リーダーとして当然の責務だ。誰が首相になったとしても、その責務は果たすべきだ」(歴史修正主義のネオコン安倍晋三)。「当たり前の行為」(コイズミのイエスマン武部勤)。この傲慢ぶり、愚昧な外交センス、歴史と隣国への無神経と無配慮。

 深く憂慮する。だが、先の戦争を徹頭徹尾、賛美し正当化する「靖国」を「おれは絶対参拝する」と言い放つ為政者が率いる与党に、実に3分の2の勢力を与えてしまったのはほかでもない我々である。
[PR]

by tikatusin | 2005-10-17 16:24 | 罵詈讒謗
2005年 10月 11日

特攻錠と兵士

 おっかねぇ〜、海上自衛隊。潜水艦隊の乗組員に大麻や合成麻薬MDMAなどの薬物が拡散してるのだそうだ。
 海上自衛隊第2潜水隊群(横須賀基地、神奈川県横須賀市)を中心とする潜水艦隊の乗組員に大麻や合成麻薬MDMAなどの薬物が広がっていることがわかった。7月以降、大麻取締法違反などの容疑で神奈川県警薬物銃器対策課と横須賀署に6人が逮捕され、うち5人が24日までに起訴された。逮捕者が所属する潜水艦は5隻にのぼり、隊員の知人と親族の計2人も栽培や譲渡などの容疑で逮捕された。隊員らは大麻草を栽培したり、互いに譲り合ったりしていたほか、他の薬物を外部から購入していた疑いもあるとみられ、県警はさらに隊員らに大麻などが広がっている可能性もあるとみて流通ルートの解明を急ぐ。
 重武装した潜水艦の航行や相手艦の探知などの任務にあたる海自隊員が大麻の所持などでこれほど大量に逮捕されたのは初めて。(『朝日』9月25日付朝刊)

 といってもまあ、戦中の日本軍が特攻隊員に「特攻錠」という覚せい剤を飲ませ、米国防総省が兵士にアンフェタミンを配布し続け、ベトナム戦争時には米軍兵士に深刻な麻薬汚染が広がったこと等々を考えれば、大麻程度はかわいいもの、なのかもしれないが・・・。
[PR]

by tikatusin | 2005-10-11 15:40 | 罵詈讒謗
2005年 10月 09日

マッドな「危機管理官」

 あまりに阿呆らしいことを堂々と書いている「危機管理の専門家」に腹が立つ。「初代内閣安全保障室長」を売り物にしているらしい佐々淳行という男である。
 9月23日付サンケイ新聞の「正論」欄に掲載された佐々の「論文」。そもそもこの「正論」欄などをマジメに論評すること自体がバカバカしいのだが・・(笑)、それでもまあ、あまりに阿呆らしくて笑えたので一部紹介。原文通りながら大幅に略して引用するが、それでもクダらなさは十分伝わるはずだ。
 再度休会とみられていた北朝鮮非核化のための6カ国協議が急転直下合意に達したと聞き驚いたが、その内容を知るに及んで憤りを覚えた。日本の主張は他の5カ国によって全く無視された。とくに盟友と思っていたアメリカ、ブッシュ大統領と側近たちには深く失望し、信頼が揺らいだ。なんのことはない、これでは民主党のクリントン大統領の犯した対北朝鮮宥和政策への逆戻りではないか。(略)これではアジアにおける最も忠実な最大の同盟国・日本の期待を裏切る超大国のエゴイズムである。(略)日本の国益を脅かす、ノドン・ミサイルの「今そこにある脅威」や生物・化学兵器の存在からくる不安、拉致問題に関する国民の怒りは、まさしく同盟国アメリカによって無視された。(略)今回の合意は、対米一辺倒では、日本の自主独立は結局守れないことの証左ともいえる。日米安保を保ちつつも、小泉自民党の圧勝をバネに憲法を改正し自存自衛の道を選ぶべき秋(とき)が来ている。

 合意は「超大国のエゴ」!?(笑)。なんだこの男、アメリカ様がイラクみたいに北朝鮮を侵攻してくれるとでも期待していたのか(笑)。で、アメリカは頼りにならんから「自主独立」を守るために改憲して重武装を、とでもいいたいのか・・・(苦笑)。いやはや、もはや危機管理云々以前に、低劣な状況認識とクソのような暴論に言葉もない。
 にしても、こんなマッドな男が「危機管理の専門家」などともてはやされ、サンケイのような特定志向の新聞だけならともかく、他メディアでも意見傾向の「バランス」のため(と思われる)に談話などがしばしば登場していることを考えると唖然となる。
[PR]

by tikatusin | 2005-10-09 17:38 | 罵詈讒謗