地下通信 [chika-tsûshin]

tikatusin.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 16日

トンデモ科学

c0062756_12411318.jpg 昨年末に創刊された『クーリエ・ジャポン』(講談社)がなかなか面白い。「海外1000メディアから発信されるニュースを厳選!」というキャッチコピーから分かる通り、世界中のメディアの記事をクリッピングして寄せ集めた、いわば「パクリ雑誌」(笑)なのだが、なかなか興味深い記事がクリッピングされていて読ませる。
 外国暮らししているため最新号は手元にないが、前号(3月16日号)を開くと、イッセー尾形が昭和天皇に扮したロシア映画『太陽』を紹介した英紙『インディペンデント』記事などが目を引く。日本のメディアじゃぁほとんど報じられないからなぁ、『太陽』。まだ日本での公開予定もたたないまま。そのくせムハンマドの風刺画問題で「言論の自由と宗教」なんて偉そうに語ってんだから日本メディアの厚顔ぶりは・・・。
 このほか同号記事で興味が引かれたのは、ブッシュ政権がNASA(米航空宇宙局)の科学者を愚弄している、という米ワシントンポスト紙の社説。要旨をかいつまむとー
 24歳という若さのNASAスポークスマン、ジョージ・C・ドイッチュが辞表を提出した。このドイッチュ、気候変化などに関する科学者の見解がホワイトハウスの意向と異なる場合、科学者の発言を厳しく制限。「自分の仕事は大統領を擁護することだから」とホザイていたのだとか。で、「ビックバン」の後には「学説」をつけろと強硬に指示。ブッシュが支持し、統一教会が大好きな例のトンデモ理論「インテリジェントデザイン(ID)」説をNASAとしても「排除すべきでない」という理屈からだとか。トホホ。
 NASA以外でもこうした事例は散見され、避妊薬の販売認可を遅らせるよう科学データを歪曲したりといったことなどが横行しているという。社説は「どんな政権であれ、大統領を擁護するため報道を規制しようとするスポークスマンや広報担当者は存在するだろう。だが、ブッシュ政権は自分たちの目的に見合うように科学的データをねじ曲げ、科学者の口を封じている」と断じているとか。これじゃ史実をねじ曲げてバカバカしい「英雄伝説」をつくりあげたどっかの独裁政権のメンタリティと変わらんよ、まったく。
[PR]

by tikatusin | 2006-03-16 12:42 | 罵詈讒謗


     預言者と現人神 >>