2006年 03月 16日

トンデモ科学

c0062756_12411318.jpg 昨年末に創刊された『クーリエ・ジャポン』(講談社)がなかなか面白い。「海外1000メディアから発信されるニュースを厳選!」というキャッチコピーから分かる通り、世界中のメディアの記事をクリッピングして寄せ集めた、いわば「パクリ雑誌」(笑)なのだが、なかなか興味深い記事がクリッピングされていて読ませる。
 外国暮らししているため最新号は手元にないが、前号(3月16日号)を開くと、イッセー尾形が昭和天皇に扮したロシア映画『太陽』を紹介した英紙『インディペンデント』記事などが目を引く。日本のメディアじゃぁほとんど報じられないからなぁ、『太陽』。まだ日本での公開予定もたたないまま。そのくせムハンマドの風刺画問題で「言論の自由と宗教」なんて偉そうに語ってんだから日本メディアの厚顔ぶりは・・・。
 このほか同号記事で興味が引かれたのは、ブッシュ政権がNASA(米航空宇宙局)の科学者を愚弄している、という米ワシントンポスト紙の社説。要旨をかいつまむとー
 24歳という若さのNASAスポークスマン、ジョージ・C・ドイッチュが辞表を提出した。このドイッチュ、気候変化などに関する科学者の見解がホワイトハウスの意向と異なる場合、科学者の発言を厳しく制限。「自分の仕事は大統領を擁護することだから」とホザイていたのだとか。で、「ビックバン」の後には「学説」をつけろと強硬に指示。ブッシュが支持し、統一教会が大好きな例のトンデモ理論「インテリジェントデザイン(ID)」説をNASAとしても「排除すべきでない」という理屈からだとか。トホホ。
 NASA以外でもこうした事例は散見され、避妊薬の販売認可を遅らせるよう科学データを歪曲したりといったことなどが横行しているという。社説は「どんな政権であれ、大統領を擁護するため報道を規制しようとするスポークスマンや広報担当者は存在するだろう。だが、ブッシュ政権は自分たちの目的に見合うように科学的データをねじ曲げ、科学者の口を封じている」と断じているとか。これじゃ史実をねじ曲げてバカバカしい「英雄伝説」をつくりあげたどっかの独裁政権のメンタリティと変わらんよ、まったく。
[PR]

# by tikatusin | 2006-03-16 12:42 | 罵詈讒謗
2006年 02月 15日

預言者と現人神

c0062756_237299.jpg イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画問題。騒動は拡散する一方の様相だが、日本メディアはイスラム教徒に広がる怒りを「まったく理解できない」かのようにトボけた姿勢で伝えるか、せいぜいが「言論の自由」と「抑圧されたイスラムの怒り」を対称に配置し、「難しい問題だ」などと高見に立った“分析”を加えてみせる程度だ。だが、ムハンマドほどではないにせよ、我がニッポン国に同じようなテーマがあることは知らぬふりで頬被りしたままだ。

 そう、天皇制である。天皇制という極めて「局地的な信仰対象」であるためイスラム教の預言者ほどの世界的広がりや世界的話題をふりまかないが(苦笑)、果たして今のニッポン国で天皇、あるいは皇室関係者の「風刺画」が許容されるか。大手メディアが今上天皇や皇太子夫妻、あるいは秋篠宮夫妻らの「風刺画」を掲載したら、「表現の自由」の範囲内として果たして許容されるのかー。
 言うまでもなく決して許容されないだろう。かつての嶋中事件はもちろん、休刊した『噂の真相』は昭和天皇のポルノ合成イラストで右翼の猛攻撃を受けたし、類似の表現行為に対する攻撃や圧力は枚挙にいとまがない。天皇制の風刺は暴力の報復が確実であり、昭和天皇死去の際は「癌だ」と単なる事実を報じたに過ぎぬ外国メディアにまで宮内庁が厳重抗議している。一方、最近で言えば紀子妃の懐妊などをめぐる報道は、相も変わらず歯の浮くようなオベンチャラのオンパレードに過ぎぬではないか。

 個人的には、あらゆる問題において「言論・表現の自由」を尊重する立場を取る。しかし、足下に転がる類似の最大タブーには知らぬふりを決め込み、遠く中東や欧州を睨んで「表現の自由」などをもっともらしく語るのは滑稽でしかない。
[PR]

# by tikatusin | 2006-02-15 23:11 | メディア
2006年 02月 12日

主筆の咆哮

 部数世界一を自称する「読売新聞」を主筆として牛耳るナベツネこと渡邉恒雄氏がニューヨークタイムズのインタビューに応じ、吠えまくったようだ。ターゲットとなったのは我らがブッシュの忠犬・コイズミ。その舌鋒は苦笑するほど痛快だ。曰くー
「小泉は歴史や哲学を知らない。勉強しない。文化を持っていない。だから愚かなことを言う」
「『靖国参拝を批判するのは中韓だけだ』といった発言は無知から生じるんだ」

 ナベツネは先に『朝日』の発行する売れない論壇誌『論座』で「宿敵・朝日」の論説主幹・若宮啓文と対談してコイズミの靖国参拝を批判、話題を集めてもいる。
 意地悪く見れば、長らく中曽根とつるんで「政界フィクサー」として動き回ったナベツネの影響力がどうやらコイズミには通じない苛立ち・・・などと取れなくもないが(笑)、一連の発言はさすがのナベツネですら日本政界の軸のズレに不安を感じてきた、ヤバいと思い始めたーと受け止めるべきなのだろう。別にナベツネが左や真ん中にズレたわけでもなく、ナベツネですら不安を感じるほど急速度で政治が右にズレているのだ。
[PR]

# by tikatusin | 2006-02-12 12:38 | メディア
2006年 02月 05日

ロボラット

c0062756_2325692.jpg 「ロボラット」と言っても何のこっちゃという感じかもしれないが、要はネズミの脳に電極を埋め込み、思うがままに遠隔操作できるようにした「ロボトミー・ラット」のことだという。電極を通じて右に曲がるようネズミの脳に刺激を与えると右に曲がり、左へ曲がるように刺激すれば左に曲がる。命令通りに動いたらネズミの快楽中枢を刺激し、快楽を感じさせるーーという仕組みなのだとか。
 何とも気味の悪い話だが、これを研究しているのがDARPA=国防高等研究計画庁だと聞くと気味の悪さが一気に倍増する。DARPAとは米国防総省の研究・開発部門であり、インターネットの原型を開発したことでも知られる組織。となれば「ロボラット」の用途も薄々想像できよう。
 「ロボラット」研究について紹介していたのは“ニッポン国営”・NHKテレビの「NHKスペシャル・立花隆 最前線報告 サイボーグ技術が人類を変える」だった。仕事の片手間に見たため番組全体のトーンは把握できなかったのだが、インタビューで登場した「ロボラット」研究を進める学者の発言を耳にして薄ら寒い気分になった。曰く「ロボラットを使えば戦場での被害を抑えられる」。
 つまり「ロボラット」にカメラを埋め込み、戦場に放って思うがままに遠隔操作すれば被害を出さずに偵察活動ができ、さらにネズミ以外でもサルなどへの応用が検討されているのだという。
 米軍がロボット兵などあらゆる「最新鋭軍事技術」の開発に血眼となっているのは既に良く知られた話だが、もちろんいずれもDARPAが深く関与し、マッドとしかいいようがない研究に巨額の資金が注ぎ込まれている。
 このままいくと、米国によって仕掛けられる戦争はいつの日か、戦場をネズミとロボットが走り回るという気味の悪い風景が広がることになるのかもしれない。常に世界中で戦争を求め続けてきた米国は自国兵の“被害”を最小限に抑えられると宣伝するだろうが、言うまでもなく「殺される側」は人間である。
[PR]

# by tikatusin | 2006-02-05 02:24 | 罵詈讒謗
2006年 02月 05日

声援を送りつつ

 杞憂だったのだろうか。北海道新聞・高田昌幸氏のブログが更新された。
 と、これ以上憶測するのはとりあえず控えよう。「物事は一直線に進まない」「楽天的に、明るく、たんたんと過ごしています」という高田氏に声援を送りつつ。
[PR]

# by tikatusin | 2006-02-05 02:19 | メディア
2006年 01月 25日

クソ大家

 恐らく大阪ローカルニュース扱いなのだろうが、ちょっと目に留まったので。当然の判決とはいえ、まだこんな愚劣な心性のクソ大家が多いのだろうなぁ。「韓流ブーム」などで少しは風向きが変わったというような声も聞くのだが・・・。新婚で家探しをしていたという夫妻の心痛、いかばかりか。
 国籍を理由に民間賃貸住宅への入居を拒否したのは法の下の平等を保障した憲法などに違反するとして、兵庫県尼崎市の在日韓国人3世の夫妻が家主と仲介業者に慰謝料など約240万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、神戸地裁尼崎支部であった。地裁は「差別」と認定し、家主に慰謝料など22万円の支払いを命じた。(毎日新聞) - 1月25日1時21分更新

[PR]

# by tikatusin | 2006-01-25 12:22 | KOREA
2006年 01月 24日

下劣なメディア

c0062756_11341894.jpg ホリエモンことライブドア社長・堀江貴文氏の逮捕にさほどの思いも感慨もない。もちろん起業やベンチャーを罪悪視する世論が過剰に強まったりし、例えば就職学生らの大企業志向の強化やら新興メディア蔑視などという保守化現象が拡散しないかなぁというような懸念と憂慮は持つけれども、それはホリエモンを支持するとかしないとか逮捕に感慨を抱くとかというのとは少し次元が違う。

 そんなことよりも、相変わらずの愚劣ぶりに暗澹たる気分になったのがメディア報道だ。これまでは、やれニッポン放送買収だ、やれ衆院選出馬だ、やれ流行語大賞だ・・・等々等々、さんざんその「虚像」作りに協力し、利用し利用されておきながら、東京地検特捜部という“最強”の権力機構が動いたらもう完全にバッシング一色。連日、特捜部のリークなのか作文なのか分からぬような「新事実」が「明らかになった」などと伝え、あたかも自分が特捜検事になったかのようにハシャギまくっているのだから唖然とするほかはない。まるで自作自演。まるでジャイアンの背中越しに嫌らしい視線を注ぐスネ夫。

 幸いにして外国暮らしをしているためアホの巣窟のような民放報道を直接目にせずにすんだのが幸いと言えば幸いだが、「国営」NHKや各大手新聞、ネット上で流れる大手メディアの記事を眺めているだけでもうお腹一杯。某民放テレビのサイトなどは、「事情聴取数十分前のインタビュー」などとホリエモンとの電話のやり取りをさも「スクープ」かのよう伝え、インタビュアーが「あんた、会って話しませんか?、ホント」と言い放つのを恥もせず垂れ流している。品性下劣。一体何様のつもりなのかというほどの厚顔。当のホリエモンが逮捕当日の朝、自らのブログで「マスコミって何でもありなんですね・・・」と捨て台詞を吐いていたのも、頷けるといえば頷ける。メディアの病理は確実に悪化が進んでいる。

 だいたい、ホリエモンの逮捕というのはそれほどのニュースなのか。そりゃニュースであることは否定しないが、新聞が号外を発行し、拘置所入りをヘリから実況生中継するほどの超特大ニュースなのか。
 ビデオジャーナリストの神保哲生氏が自身のオフィシャルブログで、拘置所に入るホリエモンの車をヘリから生中継したことに驚きながら「『本当にそこまでやるほどのことなのかなあ』とも思いましたが、逆にその実況のハシャギぶりや各局が軒並み特番をやっているのを見て、『へえ、そんなに大変なことだったんだ』、と、なかば逆説的な意味で、これが大ニュースのように思えてくるから不思議。(略)よほど気をつけてないと、私でさえこの圧倒的な空気にはのまれてしまいそうです」と記していたのに頷く。
[PR]

# by tikatusin | 2006-01-24 11:44 | メディア
2006年 01月 21日

獰猛な権力

c0062756_16353159.jpg 楽しみに訪れていた・・・というよりは、その真摯なマジメさに感心しながら定期的に拝読していた北海道新聞・高田昌幸氏のブログの更新が今年に入って止まっている。本稿が今年最初のエントリになった拙ブログは単にプライベートの猛烈な忙しさと元来の怠け癖が重なった結果だが(苦笑)、こまめに更新されていた高田氏の場合は深い理由があるのではないか。

 言うまでもなく高田氏は道新(北海道新聞)が道警(北海道警察)と真正面から向かい合い、警察裏金疑惑を暴き続けた取材班の中心人物。ところが1月14日付の道新にこんな異例の「おわび」が掲載されたのである。

 内情は分からぬし、即断できるだけの材料も持ち合わせていないのだが、多少は新聞業界の内部事情を知るものとして言えば、異様極まる「おわび」としかいいようがない。警察捜査の問題点を関係者証言(それも道警の元警官らの)に基づいて「疑い」として提起した記事について「説得材料が足りず、不適切」(上記・道新の「おわび」から)などという理由で「おわび」するなど、前代未聞ではないか。
 これに関しては、やはり定期的に訪れている山岡俊介氏のブログ「ストレイドッグ」が数度にわたって内情を伝えている()。
 事実とすれば、異様な「おわび」は道警による「逆襲」の産物なのだろう。にしても、警察という権力機構の獰猛ぶりには慄然とするしかない。「裏金」という自らの組織的犯罪行為は厚顔な隠蔽を図って恥じず、それを指摘した果敢なジャーナリズムの封殺を図ろうとする警察機構の悪逆ぶり。警察というのは凶暴な組織だとあらためて痛感する。勇気ある道新の記者たちはこのまま押しつぶされてしまうのだろうかー。
[PR]

# by tikatusin | 2006-01-21 16:38 | メディア
2005年 12月 28日

忠君の道(笑)

 人様のサイト紹介が続くが、「虚構の皇国」というサイトが面白い。
 先の大戦中に我がニッポン国で出版された雑誌、教科書、書籍などを主に紹介しているのだが、あまりのトンデモぶりに唖然、ボーゼン(笑)。まあ特攻ファシズムに毒された国の印刷物だからトンデモなのは想像の範囲内なのだけれど、あらためて眺めていると苦笑し、やがてうすら悲しくなる。
 「鬼畜米英」のワラ人形に竹槍を突き刺す子供たち、中学生の夏休みに「常時に於ける忠君の道は如何にすれば全うし得るか」という宿題を出す「夏期学習帳」、雑誌「少女倶楽部」では筆を持つ少女のイラストを表紙に掲げ、その少女が記している文字が「米英撃滅」・・・。こんなのは序の口で、サイト主の早川タダノリ氏が記す通り「香ばしい」トンデモ本のオンパレードだ。
 にしても、どっかで見たようなのが多いなぁと思ったら、朝鮮半島の北半分に君臨する独裁政権の標語や印刷物に極めて似てる。かの国のトンデモ独裁を嘲笑してばかりいる我がニッポン国だが、わずか60年前は、この地でも同じようなトンデモ独裁が大手を振っていたのだ。
[PR]

# by tikatusin | 2005-12-28 15:44 | 罵詈讒謗
2005年 12月 22日

「狼」の復活

 無料ブログサービス・北国tvの強制更新停止という暴挙を受けた「反米嫌日戦線LIVE and LET DIE」がブログの置き場所を変えて「反米嫌日戦線『狼』」として生まれ変わった。何はともあれ目出たい。
 ブログ停止と置き場所変更に至った理由は当の「反米嫌日戦線『狼』」〜ケツの穴小さすぎに詳しいので参照を。にしても、「狼」とは過激(笑)。また楽しみに訪問させてもらおう。
[PR]

# by tikatusin | 2005-12-22 11:02 | 罵詈讒謗